リバウンドは、食事制限をして体重を減らそうとしたことがある人が、一度は通ったことがある道だといいます。食事制限をどんな手順で行ったかも、リバウンドの有無と関係します。元来、ダイエットとは、肥満の治療をするために行う食事のコントロールのことでした。食事の内容や、生活習慣によって体脂肪が蓄積し、太るというのが基本的なパターンといえます。ダイエットプランをきちんと立てることが、ポイントになります。やたらと食事制限をしていれば体重が減るという行き当たりばったりの方法は、よくはありません。摂取カロリーと、消費カロリーのバランスが、体脂肪率を増やしたり、減らしたりします。消費カロリーが多ければ体重は減りますし、摂取カロリーが多ければ体重は増加します。体重は、カロリーバランスによって決まります。体重増減の原則にのっとれば、食事制限でカロリー補給量を減らせば、活動に必要なエネルギーを脂肪でまかなうことになり、減量にはなるでしょう。しかし、人間の体は食事制限にだんだんと順応していきます。カロリー摂取量を減らしても、体をそれに対応します。食事制限に体が慣れると、食事量は減らしているのに体重が減らなくなったり、運動を続けても期待通りの効果が上がらないようにもなります。停滞期は、リバウンドのきっかけになります。停滞期の最中に食事を元どおりにすると、一気に体重が増えてしまうためです。リバウンドが起きるのは、食事制限を中心にした体に負担の大きいダイエットをした場合ですので、段階的な食事制限がおすすめです。

どんなダイエットをすれば、リバウンドを予防してダイエット後の体重をキープしていられるでしょう。激しいダイエットをすると、揺りもどしでリバウンドが起きたり、体が停滞期に突入するのは自然なことなので、おすすめできません。一時的にダイエットがうまくいったと感じても、結局はリバウンドが起きるようになります。人体は、環境要因で簡単に死んでしまわないように、ホメオスタシスが働くようできています。ダイエットをする時は、ホメオスタシスを過度に刺激しないように心がけることです。停滞期があるということを知っていれば、ダイエット効果がなかなか出なくなっても焦躁感を覚えません。体重を測り、変化の推移をじっと見守ることが、停滞期のおすすめの過ごし方です。ダイエットをしながら体重の記録を続けることによって、今が停滞期かどうかを確認することができるため、リバウンド対策がしやすくなります。しばらく減量が進まなくても、体重が減ったままの状態を保持できるならば、問題はありません。特に力を入れてダイエットをしているわけではなくとも、毎日の体重を記録に残しておくことで健康状態にも敏感になりますので、やってみて損はないでしょう。1カ月に、体重の4%くらいのダイエットをするくらいが、リバウンドのない痩せ方ができます。毎月、今の体重の3~4%ずつのゆっくりしたダイエットをすることが、リバウンドを回避してダイエットをする方法です。リバウンドしないように、少しずつ体重を減らすように心がけましょう。